投資と投機(トレード)の違いについて、『株の学校』を読んで学んだこと。

スポンサーリンク
楽天証券

「インベスターZ」という漫画の巻末で紹介されている、プロのトレーダーであり、「株の学校ドットコム」講師でもある窪田 剛さんの話が面白い。

大金持ちになりたければ投資をするな!(前編)

ふつう、投機(トレード)というとデイトレーダーのように秒単位で右から左に株を売りさばいていくクレバーな印象、ともすれば「悪役(ヒール)」なイメージがあるが、窪田 剛さんは大金持ちになりたければ投資じゃなくて投機(トレード)をせよ、というのだ。

これには面食らった。賢明な投資家、ウォーレン・バフェットに倣えば「投資こそ王道」だと思ってしまうのだが、そもそも投資と投機(トレード)の違いについて明確に分かっていなかったので、窪田 剛さんの著書「株の学校」を読んで目からウロコが落ちた。

トレード

今までこの拙いブログ「トレーダーズカフェ(@Akinariya)」を読んでいただいて本当に感謝しているが、投資と投機について混乱を招いたとしたら申し訳ない。
こんな初歩的なことを見落としていたなんて頭を抱えてしまうけど、本当の意味で気づかせてくれた「株の学校」は素晴らしい本だ。

ひょっとしてずっと気付かないまま「投資ブログ」をやっていたとしたら、とんだ赤っ恥だった。
今後は投資(長期投資)と投機(トレード)を明確に分けてブログを更新していきたい。

ぼくはトレードを10年くらい前から行っているけど、いわゆるファンダメンタルズを見る投資とテクニカル指標をみる投機の違いがよく分かっていなかった。

例えば決算期にはある企業の過去10年分くらいの財務諸表を読んで好決算が出るかどうか必死になって分析していたけど、そもそも決算の情報は株価にほとんど織り込まれている訳だから、よほどのギャップがない限り好決算(もしくは悪い決算)で株価が動くことはない。

長期投資ならば決算が出る前の段階で仕込んでいるべきだし、そもそもトレードをやるのならば徹底的にテクニカルによって判断すべきなのだ。

つまり、トレーダーとインベスターは判断材料が全く違う。
投資をやるのならば、財務諸表など過去の企業データは徹底的に調べるべきだし、業種の未来予測も必須だ。

対してトレーダーはテクニカル指標を読む。

株の学校」に書いてあることは本当に基本的なことで、分かりやすくイラストにまとめてくれている。
しかし、本当に基本的なチャートの読み方がトレードの全てだと思う。

チャートの読み方の基礎を学ぶのなら「株の学校」がおすすめだ。

株の学校(CD-ROM付)

株の学校(CD-ROM付)posted with amazlet at 19.02.20窪田 剛
高橋書店
売り上げランキング: 3,680
Amazon.co.jpで詳細を見る