株式投資を始めるならリスクゼロの株ゲームがおすすめ!【5選】

スポンサーリンク
楽天証券

株を始めてみたいけど、お金を失うリスクが怖い。
リスクゼロで株取引の基礎を学びたい。そんな方に『株ゲーム』がおすすめ。

一昔前までは株の板情報が仮想データで現実を反映していないゲームが多かったけど、これから紹介するサイトもしくはアプリは、仮想マネーを元手に実在する上場企業の株式を売買して、株式投資のトレーニングが出来るサービス。

無料で登録できるので、どんなものか腕試しにやってみても良いし、大会に参加して賞金をGETすることも出来る。気軽に始められるのが良いところ。

①トレダビ

65万人が利用する、実践的な株投資シュミレーション、トレダビ

トレダビは日経グループ企業のQUCIK社の子会社、K-ZONEが運営しており、証券会社の研修でも使われる本格的なもの。

1000万円の仮想マネーを元手に売買を行い、ランキング上位を目指して取引する。
ランキング上位者のフォロワーになって株取引を真似してみても良いし、友達を増やして情報交換したり、腕を競い合ったりしても良い。

トレダビは三田紀房の漫画、『インベスターZ』とコラボしていて、漫画の中で紹介されている。

関連記事:
投資に興味ある方必読!!漫画、インベスターZを無料で読む方法

また、アンドロイドアプリもリリースされていて、スマートフォンでゲーム感覚で遊びながら株投資を学ぶことが出来る。

株取引シミュレーションゲーム-トレダビ

②iトレ2 – バーチャル株取引ゲーム

アイフォン版のバーチャル株取引アプリ。アンドロイド版もある。

iトレ2 – バーチャル株取引ゲーム(アイフォン版)
iトレ2 – バーチャルトレード 株取引ゲーム(アンドロイド版)

こちらは仮想マネー100万円を元手に資産を増やすゲーム。アプリの販売元の”LinkagePlus”社はマイナーな会社だけど、前作”iトレ”は100万ダウンロードを突破したというから、実績がある。
昨今ではスマートフォンでトレードする人が増えてきているので、スマートフォン上で投資のトレーニングをするのにおすすめだ。

③株式学習ゲーム

学校向け提供教材 株式学習ゲーム

日本証券業協会が提供している、おもに中高生向けの学習ゲーム。
少々お堅い感が否めないが、アメリカの学校教育現場において、30年以上の実績を持つThe Stock Market Gameの教材をモデルに1995年から利用されている。

日本ではファイナンスに関する授業を取り入れている学校がほとんど無いと言われる中、3~4人のグループディスカッションを元にしたゲーム形式で実際の株取引について学べるゲームの存在意義は大きい。
中高生のころから経済について学べる機会があったら、その後の進路がだいぶ変わってくるかもしれない。

④選抜株式レース~全日本株式投資選手権~

選抜株式レース

1997年7月から始まっている老舗。株式投資の“宮本武蔵”を発掘し、価値ある情報を提供することを目的としたユニークなサイト。
出版物に「全日本株式投資選手権 優勝者J_Coffeeのコバンザメ投資法」などがある。

3つのリーグ(オープンリーグ・メインリーグ・プレミアリーグ)から成り、1レース(3カ月)毎に入れ替え戦を行っている。

まるで麻雀のプロリーグのようだが、最大賞金200万円の賞金が魅力的だ。
実際のところ1万円~5万円というところだが、元手がゼロだけに挑戦しがいがあるというもの。
腕に覚えがある方は是非チャレンジしてみて欲しい。

⑤あすかぶ!

あしたの株価をみんなで予想するアプリ

なんだか「みんかぶ(みんなの株式)」感でてるなぁ、と思ったら、運営会社は全然違った。

「あすかぶ!」はひとつひとつの銘柄が上がるか下がるかを、みんなの予想を参考にしながら当てるゲームアプリ。

基本無料だし、当たっても外れても損はないので気軽に始められる。
入門者用のコンテンツも充実しており、経済ニュースや企業情報も揃っている。トレードをする上での基本が学べるし、実践する上での参考になる。

以上の5つのサイト、もしくはアプリが株ゲームの中でおすすめ。(他にもあるかもしれないけど、主な5つを紹介。)

株はリスクがあるのでいきなり実戦はハードルが高いもの。これらの株ゲームで実際の株取引とはどんなものか、じっくり学んでみて欲しい。